眼鏡業界(上場)年収ランキング 

ボタンをクリックすると、その項目順に並び替えることが出来ます。売上高や営業利益など財務情報の項目欄の横にある括弧内の数字は、前年同月比の伸び率を表しています。

TOP




上場企業一覧

1位HOYA(7741)

平均年収798万4,300円 ( 平均年齢47.2歳 平均勤続年数19年 )

2022年3月通期 連結 国際会計基準

メガネレンズやコンタクトレンズを製造

2位QDレーザ(6613)

平均年収760万5,510円 ( 平均年齢49.91歳 平均勤続年数6.23年 )

2022年3月通期 個別 日本基準

角膜と水晶体に頼らずにモノを見ることができるアイウエアを開発。商品化して販売している。デバイスが撮影した外の世界の写真をレーザで直接網膜に投影することで、眼鏡をかけても視力が出ない人でも見えずらいものが見えるようになる。

3位ジンズホールディングス(3046)

平均年収760万3,580円 ( 平均年齢40.1歳 平均勤続年数6.9年 )

2021年8月通期 連結 日本基準

メガネ(眼鏡)の企画・生産・流通・販売までを自社で一貫して行う会社。徹底したコストカットと大量販売によるスケールメリットと併せることで、低価…

4位パリミキホールディングス(7455)

平均年収605万4,890円 ( 平均年齢49.4歳 平均勤続年数23.5年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

メガネ・補聴器・コンタクトレンズの専門店を運営する株式会社三城をはじめ、メガネの専門店の金鳳堂、メガネフレームの製造を行う株式会社クリエイト…

5位シード(7743)

平均年収512万9,050円 ( 平均年齢35.2歳 平均勤続年数11.5年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

コンタクトレンズの研究開発・製造販売と、コンタクトレンズケア用品、眼鏡フレーム、眼鏡備品、眼鏡レンズなど販売している。

6位日本精密(7771)

平均年収502万9,000円 ( 平均年齢47.4歳 平均勤続年数10年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

時計関連、メガネフレーム、その他事業(釣具用部品、健康器具、静電気除去器など)を展開。
主軸である腕時計バンド・ベゼルの製造・販売業…

7位エステールホールディングス(7872)

平均年収426万4,000円 ( 平均年齢43.3歳 平均勤続年数9.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

宝飾品の製造・販売、眼鏡の製造・販売、食品販売・飲食店事業を展開している。

8位愛眼(9854)

平均年収374万9,830円 ( 平均年齢45歳 平均勤続年数21年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

眼鏡・サングラスその他関連商品を取り扱う眼鏡専門店「愛眼」を全国にチェーン展開する。薄型非球面レンズでも、薄型遠中近レンズでも、表示価格でメ…

9位ビジョナリーホールディングス(9263)

平均年収336万7,540円 ( 平均年齢29.87歳 平均勤続年数5.53年 )

2022年4月通期 連結 日本基準

2017年11月1日株式会社メガネスーパーを完全子会社とする株式移転により設立。事業内容は、眼鏡やコンタクトレンズ、その他付属品、補聴器など…

注1 親会社の株主に帰属する利益  注2 株主資本


1 /




※数値は、有価証券報告書または四半期報告書のデータを使用しています。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー