ゼネコン(上場)年収ランキング 

ボタンをクリックすると、その項目順に並び替えることが出来ます。売上高や営業利益など財務情報の項目欄の横にある括弧内の数字は、前年同月比の伸び率を表しています。

TOP




上場企業一覧

1位鹿島建設(1812)

平均年収1,127万9,600円 ( 平均年齢44.1歳 平均勤続年数18.3年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

高層ビルや耐震技術に強み。ゼネコンとして一早く不動産開発事業に進出。大規模な都市開発などは鹿島の総合力をフルに発揮できる。主な実績:東品川開発プロジェクト、秋葉原開発プロジェクト、虎ノ門4丁目開発プロジェクト、東京駅八重洲口開発プロジェクト、代官山再開発プロジェクト、東京イースト21

2位大林組(1802)

平均年収1,024万9,700円 ( 平均年齢42.6歳 平均勤続年数17年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

1892年創業。日本の近代化に貢献してきた大手総合建設会社で、スーパーゼネコン5社の一角。関西が地盤。大型工事が得意で、代表的な施工建設物に…

3位インフロニア・ホールディングス(5076)

平均年収983万円 ( 平均年齢39.6歳 平均勤続年数15.1年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

前田建設工業(土木・建築事業)、前田道路(舗装)、前田製作所(建設機械関連事業)の3社が経営統合し、持株会社化するため、2021年10月1日…

4位清水建設(1803)

平均年収977万9,000円 ( 平均年齢43.1歳 平均勤続年数15.6年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

1804年創業の大手総合建設会社でスーパーゼネコン5社の一角。深海未来都市構想「OCEAN SPIRAL」や月太陽発電「LUNA RING」など新しい取り組みも手掛けている。

5位大成建設(1801)

平均年収963万5,870円 ( 平均年齢42.9歳 平均勤続年数18.2年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

明治6年創業。建築工事、土木工事、機器装置の設置工事、地域開発、都市開発、海洋開発などさまざまな事業を展開している日本の大手総合建設会社でスーパーゼネコン5社の一角。建設業界で初めて株式公開した。国立競技場(東京オリンピック)、ホテルオークラ、ホテルニューオータニ、LPガス国家備蓄波方基地、ヨーロッパとアジアを結ぶ海底トンネルなど多くの国家事業に携わってきた。柱がない大型施設の建設を可能としたユミット「大成トラス」を発明している。

6位東亜建設工業(1885)

平均年収936万7,470円 ( 平均年齢45.3歳 平均勤続年数19.7年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

地震や津波対策としての岸壁・護岸の耐震化、老朽化に伴う桟橋・岸壁・護岸の補修、物流や海運のグローバル化に伴う港湾の整備など、海上土木、陸上土…

7位前田建設工業(1824)

平均年収927万2,700円 ( 平均年齢43.2歳 平均勤続年数17.4年 )

2021年3月通期 連結 日本基準

前田道路(収益の柱)や東洋建設などをグループ会社に擁する総合建設会社。土木建築工事その他建設工事全般、建設及び運搬用機械器具各種鋼材製品の設…

8位奥村組(1833)

平均年収918万5,110円 ( 平均年齢42.5歳 平均勤続年数16.3年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

1907年(明治40年)創業の大手ゼネコン。建築と土木が主力で、売上比率は建築部門が若干高め。
建築部門は、事務所・庁舎、店舗、倉庫…

9位長谷工コーポレーション(1808)

平均年収910万4,950円 ( 平均年齢41.2歳 平均勤続年数16.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

東京都港区に本社を置く日本の大手ゼネコン。首都圏および近畿圏を中心にマンション事業を展開。日本一のマンション施行実績をもつ。グループ各社ではマンション管理やリフォーム・大規模修繕・建替え、中古仲介、賃貸、高齢者向け住宅なども手掛けている。

10位高松コンストラクショングループ(1762)

平均年収880万6,000円 ( 平均年齢49.9歳 平均勤続年数11.5年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

髙松建設株式会社(マンションなど建築中心)と青木あすなろ建設株式会社(土木・建築)を中核とする建設業専門の企業集団。建築事業、土木事業、不動…

戸田建設(1860)

平均年収876万6,700円 ( 平均年齢44.6歳 平均勤続年数19.1年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

日本のゼネコン(総合建設会社)。1881年(明治14年)創業。建築と土木工事一式を手掛ける。国内建築が主体で、なかでも医療・福祉施設の実績が…

若築建設(1888)

平均年収868万8,360円 ( 平均年齢44.9歳 平均勤続年数18.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

北九州地盤の土木工事会社。海洋土木事業のパイオニア。国内物流や海外との貿易活動の拠点となる港湾施設、国際化のニーズに対応する空港施設、都市開…

ライト工業(1926)

平均年収865万円 ( 平均年齢44.1歳 平均勤続年数17.1年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

斜面・法面対策工事(法面保護工事・地すべり対策工事)、基礎・地盤改良工事が主力。環境修復工事、環境修復工事、補修・補強工事、建築事業(マンシ…

三井住友建設(1821)

平均年収862万7,000円 ( 平均年齢46歳 平均勤続年数21年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

東京都中央区に本店を置く「くらしをささえるものづくり」を続ける総合建設会社。三井グループと住友グループに属する準大手ゼネコン

安藤・間(1719)

平均年収861万4,050円 ( 平均年齢45.7歳 平均勤続年数17.6年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

中高層ビル・工場建築などに強みを持つ安藤建設と、ダム(黒部ダムや御母衣ダムなど)やトンネル工事に強みを持つハザマが合併して誕生した建設会社。

五洋建設(1893)

平均年収860万5,190円 ( 平均年齢41.9歳 平均勤続年数16.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

海洋土木トップ。臨海部を中心とした土木、建築、環境の建設工事を展開。1896年(明治29年)港湾土木工事からスタート。陸の土木や建築も手掛け…

淺沼組(1852)

平均年収847万800円 ( 平均年齢44.3歳 平均勤続年数21.6年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

建設工事や地域開発、都市開発、海洋開発などを手掛ける明治25年創業の日本の建設会社。建築事業が売上の大半を占める主力事業。施工事例:イワセ・…

熊谷組(1861)

平均年収840万9,500円 ( 平均年齢44.1歳 平均勤続年数19.2年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

東京都新宿区に本社を置く明治31年創業の総合建設準大手ゼネコン。トンネルやダムなど大型土木に強み。品質第一主義を徹底し常に変革し続ける企業集…

名工建設(1869)

平均年収837万5,000円 ( 平均年齢40.9歳 平均勤続年数17.1年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

昭和16年設立。得意分野(強み)は鉄道工事。設立から70年以上にわたって、鉄道省、国鉄、JR東海等の鉄道工事に携わっている。事業領域は、(1…

西松建設(1820)

平均年収835万円 ( 平均年齢44.4歳 平均勤続年数18年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

土木建築および機器装置その他建設工事全般に関する請負などを手掛ける日本の総合建設会社。人々の生活を支えるダム・トンネル・橋梁等の建築物から、調査・診断をはじめ、建築技術、環境技術などさまざまな技術を保有する。

東洋建設(1890)

平均年収831万2,010円 ( 平均年齢43歳 平均勤続年数17.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

マリコン大手。(1)港湾整備事業をはじめ交通・物流ネットワークなどのインフラ整備事業や国土強靭化に向けた事前防災・減災など国内土木事業、(2…

飛島建設(1805)

平均年収823万820円 ( 平均年齢45.5歳 平均勤続年数19.3年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

防災に強い明治16年(1883年)創業の土木工事主体の老舗の建設会社。土木および建築工事および請負業などを展開する。

大本組(1793)

平均年収822万4,000円 ( 平均年齢45.4歳 平均勤続年数21.2年 )

2022年3月通期 個別 日本基準

岡山県に本店を置く総合建設業者(中堅ゼネコン)。民間からの受注が多く建築事業の売上が高い。

東鉄工業(1835)

平均年収819万7,070円 ( 平均年齢40歳 平均勤続年数13年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

線路部門では、軌道メンテナンス工事や高性能な大型保線機械の稼働力などにおいて、質・量ともに国内ナンバーワン。線路・土木・建築をコア3事業に掲…

鉄建建設(1815)

平均年収816万2,770円 ( 平均年齢41.2歳 平均勤続年数15.5年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

駅・駅改良、橋梁・高架橋、公共施設・学校・医療施設、トンネルシールド・アンダーパス、耐震・防災・維持管理、インフラ、海外事業など土木工事、建…

ピーエス三菱(1871)

平均年収813万7,880円 ( 平均年齢44歳 平均勤続年数19年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

プレストレスト・コンクリート(PC)の建設を中心とした総合建設会社。ビル建設、橋梁、耐震など様々な分野を手掛けている。橋梁にかかわる実績や技…

福田組(1899)

平均年収805万6,530円 ( 平均年齢44.7歳 平均勤続年数18.2年 )

2021年12月通期 連結 日本基準

新潟県と東京都に本社を置く明治35年創業の総合建設会社。(1)土木事業(災害復旧、防災対策、トンネル工事など)、(2)建築事業(住宅、医療・…

錢高組(1811)

平均年収801万980円 ( 平均年齢38.7歳 平均勤続年数14.1年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

建設を通して人々の夢と共に未来を築くZENITAKA。大阪府大阪市に本店を置く中堅ゼネコン。低炭素社会や環型社会を実現する技術を有する。

大豊建設(1822)

平均年収799万2,550円 ( 平均年齢45.1歳 平均勤続年数19.3年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

庁舎・事務所、商業施設、工場・倉庫、教育施設、医療・福祉施設、住宅などの建築物や、ダム・河川、電力施設、上下水道などインフラ施設を施工してい…

青木あすなろ建設(1865)

平均年収789万9,000円 ( 平均年齢45.7歳 平均勤続年数19年 )

2019年3月通期 連結 日本基準

東京都港区に本社を置く。土木建築工事の設計および監理ならびに施工請負などの事業を展開する。エネルギー施設などの社会基盤から住環境に至るまで数多くの実績を有する。

不動テトラ(1813)

平均年収784万4,890円 ( 平均年齢45.7歳 平均勤続年数19.5年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

土木事業(トンネル、港湾、河川・砂防、上下水道施設など)、地盤改良事業、ブロック環境事業(テトラポッドと呼ばれる消波根固ブロック中心)を展開…

森組(1853)

平均年収762万6,930円 ( 平均年齢42.5歳 平均勤続年数17.1年 )

2022年3月通期 個別 日本基準

土木事業(道路、トンネル、鉄道、治水・利水、災害復旧、宅地造成)と建築事業(住宅施設、公共施設・運輸施設 、福祉施設、商業施設、工場)、砕石…

第一建設工業(1799)

平均年収751万1,310円 ( 平均年齢40.4歳 平均勤続年数13.2年 )

2022年3月通期 個別 日本基準

新潟市中央区に本社を置く。官公庁や民間工事の建設に関する技術力、鉄道工事の専門的な技術力に強みを持つゼネコン。

新日本建設(1879)

平均年収749万4,800円 ( 平均年齢37.7歳 平均勤続年数12.5年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

関東圏中心に事業を展開しているゼネコン。建築事業(主にマンション)が主力。施工例:マンション、商業施設、銀行、幕張メッセ国際会議場など公共施…

日本国土開発(1887)

平均年収740万3,000円 ( 平均年齢40.8歳 平均勤続年数13.2年 )

2021年5月通期 連結 日本基準

土木事業と建築事業を展開する総合建設会社。土木事業は、ダムや河川、トンネルなど公共インフラ事業や民間の造成工事などを手掛けている。近年は、東…

イチケン(1847)

平均年収738万5,350円 ( 平均年齢43.7歳 平均勤続年数16.6年 )

2022年3月通期 個別 日本基準

商業施設のスペシャリストと建築のジェネラリスト。企画、設計から監理、施工、そしてアフターメンテナンスまで、ワンストップで対応。もとはダイエー…

大末建設(1814)

平均年収737万7,220円 ( 平均年齢41.7歳 平均勤続年数17.4年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

大阪市中央区に本社を置く昭和12年3月創業、建築中心のゼネコン。首都圏や近畿圏を中心に、物流倉庫・工場、医療・福祉施設、教育(学校など)・文…

矢作建設工業(1870)

平均年収733万6,470円 ( 平均年齢42.8歳 平均勤続年数19.2年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

愛知県名古屋市に本社を置く1949年創立のゼネコン。建築事業(マンション、物流・工場・学校など)と土木事業(高速道路、鉄道、河川など)、防災…

東急建設(1720)

平均年収732万6,950円 ( 平均年齢45.1歳 平均勤続年数19.7年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

多摩田園都市をはじめとする渋谷や東急沿線の街づくりを中心に事業を展開。新築、リニューアル、建て替えなど。…

松井建設(1810)

平均年収721万6,470円 ( 平均年齢44.7歳 平均勤続年数18.8年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

建設事業及び不動産事業等を主要事業とする。創業から社寺建築の分野で経験と高度な技術を培う。建長寺 山門、熊本城跡 戌亥櫓・西出丸塀(復元)、…

北野建設(1866)

平均年収720万円 ( 平均年齢39.4歳 平均勤続年数14.6年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

1946年に長野市で設立した建築主体のゼネコン。文化・公共施設、官公庁、社寺建築、オフィスビル・事務所、ホテル・リゾート・保養施設教育施設、…

徳倉建設(1892)

平均年収700万円 ( 平均年齢48.2歳 平均勤続年数18.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

昭和22年設立の総合建設会社。土木事業(道路、高架橋、耐震補強、河川・ダム、維持補修、港湾など)、建築事業(官公庁を始め、医療福祉分野、商業…

ナカノフドー建設(1827)

平均年収690万3,730円 ( 平均年齢46.5歳 平均勤続年数17.8年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

昭和8年創業。事業内容は、国内建設事業・海外建設事業・不動産事業で、事務所・住宅・店舗・工場物流・学校など、あらゆる種類の工事を最新の技術で…

ファーストコーポレーション(1430)

平均年収688万9,000円 ( 平均年齢41.9歳 平均勤続年数4.8年 )

2021年5月通期 個別 日本基準

東京圏を中心に分譲マンション建設に特化したゼネコン。用地を自社で確保し、土地と建物一体での企画をデベロッパーに提案する造注方式を柱とした事業…

三東工業社(1788)

平均年収669万7,920円 ( 平均年齢45.7歳 平均勤続年数16.2年 )

2021年6月通期 個別 日本基準

滋賀県に本社を置く総合建設会社。公共工事を中心とした土木工事全般に関する事業と民間工事を中心とした建築工事全般に関する事業を柱として事業を展…

植木組(1867)

平均年収665万430円 ( 平均年齢44.7歳 平均勤続年数18.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

新潟県が地盤の明治18年創業のゼネコン。主力の建設事業(商業施設・オフィス・マンションなど建築、石峠改良工事、中川護岸耐震補強工事、栃ヶ原ダ…

南海辰村建設(1850)

平均年収646万5,000円 ( 平均年齢45.3歳 平均勤続年数17.9年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

南海電鉄グループの一員。建築事業が主力。土木事業や鉄道事業も手掛けている。施工例:マンション、特別養護老人ホーム、病院、物流施設、防災センタ…

ソネック(1768)

平均年収638万1,380円 ( 平均年齢41.4歳 平均勤続年数15年 )

2022年3月通期 連結 日本基準

兵庫県高砂市に本社を置く総合建設会社。建築事業(公共建築・商業施設・医療福祉施設など)や土木事業(河川・砂防工事、高速道路整備など)などを展…

金下建設(1897)

平均年収562万8,780円 ( 平均年齢46.3歳 平均勤続年数19.1年 )

2021年12月通期 連結 日本基準

京都府に本社を置く総合建設会社。土木事業(道路・トンネル・橋梁・河川整備、上下水道施設など)と建築事業(医療・福祉・商業施設、学校、個人住宅…

常磐開発(1782)

平均年収552万5,160円 ( 平均年齢45.6歳 平均勤続年数16.4年 )

2020年3月通期 連結 日本基準

福島県に本社を置く昭和35年設立の総合建設会社。(1)建築事業(娯楽・宿泊施設、教育・文化・公共施設、共同住宅、大規模商業施設、大規模工場、…

注1 親会社の株主に帰属する利益  注2 株主資本


1 / 2 /




※数値は、有価証券報告書または四半期報告書のデータを使用しています。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー